大阪府の新規陽性者は96人、約3カ月ぶりに100人下回る

2021.10.4 18:50

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は10月4日、新型コロナウイルスの新規陽性者を96人と発表(累計陽性者数は20万210人)。陽性者が低い割合とされる月曜日だが、約3カ月ぶりの100人以下となった。

1日あたりの重症者は3人で、そのうち2人が基礎疾患を持っておらず、現在入院中の重症者は前日から8人減の107人。また、新たに確認された死亡者は1人で、累計死者数は2975人となった。

この日の陽性率は検査件数7081件に対し1.4%。新規陽性者を年代別にみると20代が27人ともっとも多く、50代が14人、40代が13人、30代が12人、10代が10人。(未就学児2人、就学児8人)の感染が確認された。

新規陽性者の推移(9月28日〜10月4日)

9月28日 281人

9月29日 398人

9月30日 264人

10月1日 241人

10月2日 184人

10月3日 136人

10月4日 96人

週平均を見ると直近1週間(9月28日〜10月4日)が228人なのに対し、2週間前(21日〜27日)の366人から100人以上減少しており、感染状況の改善が顕著に表れている。

緊急事態宣言が解除され、街中に活気は戻りつつあるが、吉村洋文知事は感染再拡大を懸念。引き続き感染対策の徹底を呼びかけている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本