沢口靖子「京都のみなさんに支えていただいてる作品」

2021.10.3 08:45

榊マリコを演じる沢口靖子

(写真3枚)

映画『科捜研の女 ―劇場版―』の舞台挨拶が10月2日、「T・ジョイ京都」(京都市南区)でおこなわれ、主演の沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰の7名が登壇。沢口が京都への感謝を口にした。

同作の舞台が「京都府警科学捜査研究所」ということもあり、京都にはなじみが深い同作だが、20年以上の歴史のなかで京都でのトークイベントは初とのこと。マリコの良き理解者である刑事・土門薫役の内藤剛志は「16年前に京都に本籍を移している」と告白。「京都には必ず帰ってきますんで、街を歩いてたら声かけてください」とファンへと語りかけ、京都愛を見せた。

さらに沢口も、同作が地元民から愛されているエピソードを告白。京都のロケで撮影許可を得る際に「『科捜研』の撮影だったらいいですよ」と特別に許可が下りたそうで、「やっぱり京都のみなさんに支えていただいてる作品なんだなと実感しました」と感慨深い様子だった。映画『科捜研の女 ―劇場版―』は現在公開中。

映画『科捜研の女 -劇場版-』

現在公開中
監督:兼﨑涼介 脚本:櫻井武晴
出演:沢口靖子、内藤剛志、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本