大阪・枚方に「レトロ自販機」出現、予想外の売れ行きに

2021.10.23 11:15

現在はハンバーガー、ポテタルバーガー、チーズバーガー、タルタルミート、ピリ辛ガーリックマヨ、メキシカンの6種をスタンバイ

(写真8枚)

大阪・枚方の奥地に一風変わった自動販売機(以下:自販機)が出現したという情報を手に入れ、担当者を取材した。

レトロ自販機マニアが作る、新しくも懐かしい自販機

その自販機には、デカデカと「ハンバーガー」の文字がプリント。肝心の自販機のなかには、「ポテタル」や「メキシカン」など、なんだか気になるメニューがずらり。そして驚くことに、電車の最寄駅も遠くバスも通っていない、正直アクセスは悪めな場所にも関わらず、すべて売り切れ・・・! そもそも初めて見ましたこんな自販機。

調べると、この「ハンバーガー自販機」を販売しているのは、長野県は飯田市にある車の修理工場「ガレージいじりや」。なぜ車を扱っている会社が自販機を? 社長の小林由季さんに話しを聞くと、「元々、私がレトロ自販機好きなこともあって、2020年の8月、自社の前に1台目を置いたのが始まりです」とのこと。

聞くと、小林さんは「レトロ自販機」について、雑誌で連載企画を持つほどの筋金入りのマニア。全国を巡っていくうちに、自分でもやりたいという想いが芽生えたそう。元々ある自販機を自身で改良し、レトロ好きにはもちろん、そのほかの人からもかわいいと思ってもらえるようにとデザインを施した。販売するのは、持ち帰りも手軽なハンバーガーに。「マニアだけではなく一般の方にも楽しんで買えるようなものにしたくて。『新しいものとして販売する』という方向にシフトしました」と話した小林さん。

枚方へ搬入のお知らせツイートには、約6000イイネが付き、反響はすさまじく…

自販機の設置後、SNSでの反響はかなり大きかったそうで、「いろんな地域の人に見てもらえたら、『これいいね』って言ってくれる人がいるだろうと思って。そこに同じものを卸したら、製造会社さんがよろこぶ。レトロ自販機って40〜50年前の機械なので、今動いているのは全国で50台を切ってると思うんです。レトロ自販機を助けるには、それを支える販売元を助けないとって思っていましたから」と、同じ構造で外注し、「ハンバーガー自販機」の販売を開始した。

「ハンバーガー自販機設置場所」

大阪府枚方市杉北町1-2270

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本