【9月24日】奈良の新規陽性者22人、桜井市でクラスター

2021.9.24 19:00

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は9月24日、新型コロナウイルス陽性者を新たに22人確認したと発表。前週比で33人減で、累計陽性者数は1万5535人となった。

この日の新規陽性者はすべて、無症状を含む軽症。重症者、中等症は確認されなかった。現在治療中の患者は430人で、重症者は11人。3日を超えて自宅などにいる療養者は47人で、全員が入院・入所拒否している。新たに死亡者は1人(50代男性)だった。

奈良県の1日あたりの陽性者数

【9月18日】39人

【9月19日】23人

【9月20日】23人

【9月21日】25人

【9月22日】58人

【9月23日】24人

【9月24日】22人

(過去最多は8月24日の227人)

また県は、桜井市にある行政機関にて職員9人の陽性を確認。感染状況からクラスター事案と認定した。換気が充分でない執務室での業務や昼休みなどのマスクを外した飲食が原因と推定され、すでに施設の消毒指導、2週間の外出自粛要請および健康観察を実施しているという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本