松村北斗、朝ドラ出演へ意欲「世代を超えた会話が生まれたら」

2021.9.23 13:05

主人公・安子(上白石萌音)の運命を動かしていく好青年・雉真稔(松村北斗)(C)NHK

(写真3枚)

祖母・母・娘の3世代100年に渡る物語を、上白石萌音、深津絵理、川栄李奈が演じる、2021年度後期の連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『カムカムエヴリバディ』(NHK)。その「岡山編」に登場する松村北斗(SixTONES)のリモート取材会がおこなわれ、初の朝ドラ出演について訊いた。

ジャニーズ事務所の人気グループ・SixTONES(ストーンズ)のメンバーとして活躍する一方、俳優としても確かな評価を積み重ねてきた松村。満を持しての朝ドラで松村が演じるのは、上白石萌音演じるヒロイン・安子がラジオ英語講座と出会うきっかけを与える青年・雉真稔(きじま・みのる)だ。

松村は「やっぱり出演が決まったときは、本当にうれしかったですね。朝ドラの視聴者は、僕のことを知らない方が大半だと思うんですが、その方たちに対しても、未熟なりに何か感じてもらいたい気持ちで挑みました」と意気込む。

また、ファンからは「朝ドラを通じて、祖母と会話ができる」という声が多く寄せられたという。「おこがましいですが、松村北斗を介して、家族のなかで世代を超えた会話が生まれたら、すごいなって。うれしく思いつつ、朝ドラの歴史や格式の高さみたいなのを改めて感じて、身が引き締まりました」と真剣な表情で語った。

■ 朝ドラ現場に驚き「みんな怪物だなって(笑)」

実際、初めて体験する朝ドラの撮影現場は驚きや発見の連続だったといい、「視聴者として見ているときはのほほんとしたイメージもあったんです。でも、実際の現場には、ものすごいパワーと緊張感があった。こんなに短い1話のなかに、毎回いろんな展開があって、喜怒哀楽がコロコロ変わって、ちゃんとメッセージがある。30分とか1~2時間のドラマとは全然違う、濃密さがあるんです」とコメント。

そして「これを毎日分当たり前に作って、放送してるって、キャストもスタッフも怪物だなって(笑)。もっと成長して、また戻ってきたいと思える、特別な場所になりました」と振りかえった。

近年、朝ドラのヒロインに寄り添う男性キャストは、ブレイク俳優の登竜門としても熱い視線を集めている。松村のクールでどこか物憂げな雰囲気は、今回のヒロインのひとり・上白石萌音の天真爛漫なキャラクターとも好相性だろう。

松村は「上白石さんとは初共演でしたが、ふわっと穏やかそうに見えて、ものすごい芯の強さや太さがある方。最初はギャップもあったけど、このどっしり感が作品の軸となるヒロインたる所以だなって。素直に素敵だなと思いました」と、刺激を受けた様子。2人の淡い恋模様にも、大いに期待したい。『カムカムエヴリバディ』は11月1日から放送開始予定。

取材・文/井口啓子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本