兵動大樹、主演舞台の最新作は「最高に良いものができた」

2021.9.3 18:15

前列左から、未知やすえ、兵動大樹、桂吉弥、堀くるみ 後列左から、近藤頌利、施鐘泰(JONTE)、佐藤太一郎、安藤夢叶

(写真9枚)

お笑い芸人・兵動大樹、落語家・桂吉弥が主演をつとめる舞台『はい!丸尾不動産です。〜本日、家で再会します〜』(主催・関西テレビ放送)。9月4日に初公演を控える同舞台のマスコミ向け公演がおこなわれ、兵動がコメントを寄せた。

兵動演じる不動産屋・菅谷と、毎回異なる役柄の吉弥による喜劇『はい!丸尾不動産です。』シリーズ。第3弾となる同作では、寂れた町の寂れたスナックを舞台に、菅谷(兵動)が顧客の林田(吉弥)に対し企てた悪事をきっかけに事態が思わぬ方向に発展していく。

劇中では、ユーモア溢れる掛け合いで思わずクスッと笑えるシーンが多数。幽霊の噂を検証しにYouTuberがやってきたり、セリフの途中でテンポ良くスマホゲームの効果音が鳴ったりと、現代ならではの要素が盛り込まれ、世代を問わず楽しめる内容となっている。

さらに、コミカルな内容の一方で、LGBTへの偏見、容姿による差別、日本の自殺率の高さなど現代問題などをさりげなく示唆するシーンも。さまざまな問題を抱え自身を不幸だと嘆く人々に、菅谷(兵動)が投げかける10分以上の長ゼリフは圧巻だ。

不動産屋・菅谷役の兵動大樹

大団円となった同舞台だが、その背景にはコロナ禍で公演が延期になったりと苦難があったという。兵動は、「感染対策を徹底し、今まで味わったことのない稽古でした。マスクをしていたので、正直みんなの顔をちゃんと見たのも劇場入ってから・・・。それくらい細心の注意を払いながらやっていました」と振りかえる。

延期を乗り越えた末の自信作となったようで、「そんな大変な状況のなかで、最高に良いものができたと思っています。お越しいただける方はお気をつけてご来場ください」と呼びかけた。公演は、9月4〜7日(ABCホール)、10月3日(アクリエひめじ中ホール)の全8公演を予定。詳細は公式サイトにて。

『はい!丸尾不動産です。~本日、家で再会します~』

2021年9月4日(土)より公演開始
出演:兵動大樹、桂吉弥、佐藤太一郎/未知やすえ ほか
料金:6500円(全席指定)
主催/企画・製作:関西テレビ放送

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本