【8月26日】奈良の新規陽性者207人、自宅療養は744人

2021.8.26 21:00

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は8月26日、新型コロナウイルス陽性者を新たに207人確認したと発表。これで累計陽性者数は1万2399人となった。また新たに1人の死亡が明らかになった。

奈良県の1日あたりの陽性者数

【8月20日】195人

【8月21日】189人

【8月22日】201人

【8月23日】152人

【8月24日】227人(過去最多)

【8月25日】188人

【8月26日】207人

現在治療中の陽性者は1633人で、入院・入所待機中、および自宅療養者は前日比プラス19人の744人。自宅療養を基本とする政府の方針に「奈良は従わない」としていた荒井正吾知事だったが、現在奈良では3日を超えて自宅などで療養する人は539人、そのうち、なんらかの事情で入院・入所を拒否した人は121人にのぼる。

県では引き続き、不要不急の往来自粛のほか、マスク着用の徹底、家庭内の空間的・時間的分離、車移動時のこまめな換気などを呼びかけている。また、自宅待機者にはパルスオキシメーターの貸し出しや、看護婦が電話対応する相談窓口でサポートしているという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本