【8月20日】奈良の新規陽性者195人、2日連続で過去最多

2021.8.20 20:00

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は8月20日、新型コロナウイルス陽性者を新たに195人確認したと発表。前日の180人を更新する過去最多となり、これで累計陽性者数は1万1235人となった。

この日明らかになった新規陽性者は、中等症が2人で、残る193人が無症状を含む軽症。現在の治療中の患者は1271人で、うち重症が8人(前日比プラスマイナス0)、中等症が143人(同マイナス5人)、軽症が1120人(同プラス86人)。この日確認された死亡者はおらず、累計死者数は134人のままだった。

奈良県の1日あたりの陽性者数

【8月14日】105人

【8月15日】130人

【8月16日】95人

【8月17日】131人

【8月18日】165人

【8月19日】180人

【8月20日】195人(過去最多)

また、奈良県庁・本庁舎で勤務する奈良県職員3人(30〜40代・男女)の感染も公表。県によると、すでに執務場所、および共用場所の消毒は実施され、接触のあった職員のPCR検査を実施しているという。

昨今の全国的な感染拡大を受けて、20日におこなわれた県の対策本部会議では「緊急対処措置」の期間延長と強化を決定。1次感染の内訳で、大阪関連が約6割を占めていることから、買い物や食事、レジャーなど、不要不急の大阪との往来は避けるよう呼びかけている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本