京都・宇治に新たな観光名所が誕生、広大な公園で歴史を体感

2021.8.21 06:45

約2.5ヘクタールもある「お茶と宇治のまち歴史公園」

(写真6枚)

全国有数の茶どころとして知られる京都府宇治市に、歴史と文化を学べる新屋外施設「お茶と宇治のまち歴史公園」(宇治市菟道丸山)が8月21日にオープンする。

京阪宇治駅近く、宇治橋の下流・右岸エリアに位置する同公園(約2.5ヘクタール)は、かつて豊臣秀吉が治水整備で築いた「太閤堤」の一部が2007年に発見された地。それ以来、宇治市が新たなランドマークとして保全計画を進めてきた。

園内には石積み護岸や砂地の茶園など、この地の江戸末期から明治初期の様子が再現され、緑あふれる3エリアの散策コースを巡りながら、国史跡「宇治川太閤堤跡」の歴史を学ぶことができる。今後は、茶摘み体験も実施予定だ。

同日にオープンを予定していた園内の文化施設「お茶と宇治のまち交流館 茶づな」は緊急事態宣言発令を受けて、当面の間はオープンを延期。「もともとは6月に開業予定でしたがコロナ禍で延期となっており、楽しみにしてくださっていたみなさまのために、公園を先行してオープンすることになりました。公園散策で宇治の歴史を感じてもらえれば」と同館の担当者は説明する。

8月21日のみ昼1時から開園、公園への入園は無料、京阪「宇治駅」から徒歩約4分、JR「宇治駅」から徒歩約12分。

取材・文・写真(一部)/塩屋薫

「お茶と宇治のまち歴史公園」

2021年8月21日(土)オープン
住所:京都府宇治市菟道丸山203-1
※8月21日のみ13:00オープン
料金:無料
電話:0774-24-2700

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本