ナイナイ・華大も参加、「吉本新喜劇」バタヤン30周年公演

2021.8.21 13:15

「吉本新喜劇」座長・川畑泰史

(写真2枚)

「吉本新喜劇」の座長・川畑泰史が、1991年の「新喜劇入団」から30周年を迎える。それを記念した『川畑泰史 新喜劇生活30周年記念公演』が、9月10日に開催される。

バタヤンの愛称で親しまれ、2007年の入団16年目にして座長に就任し、お茶の間に笑いを届けきた川畑。今回の公演には、現「新喜劇座長」の小籔千豊、すっちー、酒井藍のほか、同じく芸能生活30周年を迎える同期のお笑いコンビ・ナインティナインや博多華丸・大吉、お笑い芸人の星田英利、宮川大輔など豪華メンバーが出演し、華を添える。

公演決定を受け川畑は、「たくさんの方々に支えられ助けていただきながらの30年でした。 ご来場いただくお客様に『あー楽しかった!』、そう言っていただけるイベントにします! 是非よろしくお願いいたします」と意気込んだ。

『川畑泰史 新喜劇生活30周年記念公演』は9月10日・夕方6時半より、「なんばグランド花月」(大阪市中央区)にて開催。チケットは全席指定6600円で、現在発売中。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本