世界初! アートと生き物が融合、未体験の水族館が神戸に誕生

2021.8.14 10:15

宇宙空間や深海の世界を表現するコーナー「PLANETS」

(写真10枚)

デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間に、約100種類3000点の生きものが共存する新感覚の水族館「atoa(アトア)」(神戸市中央区)が10月29日、神戸に誕生する。

英語で水族館を意味する「アクアリアム」と、芸術の「アート」が掛け合わさってできた造語である「アトア」。館内は全部で8つのゾーンに分かれており、それぞれのゾーンに沿った展示と空間演出がなされている。

潮の香りも漂う、幻想的な海中世界を表現したコーナーでは円柱水槽を設け、トラフザメやチンアナゴを展示。霧が立ち込める樹海をモチーフにしたコーナーでは、爬虫類、ウッドチャックといったユニークな生き物に出会うチャンスも。

また、同水族館は世界で初となる、生き物たちが泳ぐ姿をひとつのアートパフォーマンスとして楽しめる「劇場型アクアリウム」も設立。生き物たちと切り絵作家による光のショーのコラボレーションや、レーザーやミストなどの効果演出で深海魚の世界が再現された球体水槽など、生きものたちがアートを体現しているような、そんな新空間を味わえる水族館になるという。

また、会場内ではオリジナルグッズやフードの販売、神戸の絶景を楽しめるルーフトップも。入場料は大人2400円、子ども1400円で、営業時間は朝10時〜夜9時。

新感覚の水族館「atoa(アトア)」

住所:兵庫県神戸市中央区新港町7−2
営業:朝10時〜夜9時
電話:078-232-4180

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本