獅童、苦難乗り越えた同志・初音ミクの魅力語る「毎回完ぺき」

2021.7.20 18:45

主演を務める中村獅童、初音ミクと2ショット (17日・大阪市内)

(写真3枚)

バーチャルシンガー・初音ミクの参加が話題の歌舞伎公演『超歌舞伎』。その会見が大阪市内で17日におこなわれ、主演のひとり・中村獅童が、役者・初音ミクの魅力を語った。

2016年におこなわれた複合催事『ニコニコ超会議』で上演された『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』で歌舞伎デビューを飾った初音ミク。獅童は彼女の最大の長所について、「絶っっ対に間違えないこと」と力を込める。

「ミクさんは毎回完ぺきに仕上げてきて、こっちがちょっとミスをすると全部ダメになっちゃうので、合わせるのはめっちゃくちゃ大変です。踊りも芝居もどんどん上達して、もう歌舞伎役者ですね、ここまで来ると。だんだん役者同士の絆も深まってきていますし、毎回多くの刺激を受けています」と絶賛した。

とはいえ『今昔・・・』初演は、何もかもが初めての試みのため「初日が開かないんじゃないか」と危惧したほど苦労したそう。特にアナログとデジタルの技術のかみ合わせがなかなか上手く行かず、一時は両者が険悪になりかけたとも。

「いい物を作るためにぶつかりあったけど、幕が閉まったらファンのみなさんが、スタッフにまで感謝の声援を送ってくれて、対立した人たち同士が涙で握手しあいました。今はデジタルの技術が向上したうえに、超歌舞伎のノウハウができてきてスムーズになったし、その進歩にはすごいものがあります」と、ミクだけでなく、裏方陣の成長もほめたたえた。

「5年でこれだから、50年後はもっとすごいことをしてるかも」と、歌舞伎とテクノロジー融合に期待をかける獅童。しかも3歳になる彼の息子が、その後継者の最有力候補になりそうだと明かし、「超歌舞伎が大好きで、お客さんをあおる『オイ! オイ!』って真似を、ずっとやってるんです。今年の七夕(の短冊)にも『超歌舞伎に出られる人になりますように』と書いていました(笑)」と、笑顔で将来に期待した。

『九月南座超歌舞伎』は、9月3日~26日に開催。チケットは一等席1万3000円ほか。チケットはいずれも発売中。

取材・文/吉永美和子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本