上沼恵美子が『M-1』騒動に言及「家の前に記者が来た」

2021.7.6 19:30

舞台挨拶に登壇した上沼恵美子(左)と山田洋次監督(6日・豊中市内)

(写真7枚)

映画『キネマの神様』の舞台挨拶が7月6日、「豊中市立文化芸術センター」(大阪府豊中市)でおこなわれ、山田洋次監督と歌手でタレントの上沼恵美子が登壇。上沼が数年前の『M-1』騒動に言及した。

コロナ禍で公開延期が重なった同作。公開日が8月6日に決定したが、山田監督は「そのときはまだオリンピックが終わってないんですよね、どうなるか心配」と不安を明かす。それを受けて上沼は、「監督が言うと全然OKなんですけど、(こういう話題は)私が言うと叩かれるんでね(笑)」と自虐気味にコメントした。

上沼は「私が何か言ったらネットニュースになるんです」と切り出し、「『M-1グランプリ』っていう漫才のコンテストがあって、審査員やったときにえらい叩かれました」「私が悪いわけじゃないのに、家の前にっぱい記者が来まして。審査が悪かったんかわからんのですけどね・・・。この世界にいるといろいろとございます」と、数年前に起こった「暴言」騒動を振りかえった。

映画『キネマの神様』

2021年8月6日(金)公開予定
監督:山田洋次
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、宮本信子
配給:松竹

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本