ガリットチュウ福島の『ドラゴン桜』顔マネ、本人も反応

2021.6.21 20:40

せんとくん姿で舞台に現れたガリットチュウ・福島善成(2019年撮影)

(写真6枚)

阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS)の第9話(6月20日)放送後、お笑い芸人のガリットチュウ・福島善成が自身のインスタグラムを更新。ドラマの登場キャラを顔マネした写真を投稿し、コメント欄では「似てると思ってました笑」「本人かと思った」など盛り上がりを見せている。

偏差値40にも満たない高校生たちを、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が東京大学合格へと導く同ドラマ。福島が顔マネしたのは、当初、桜木率いる「東大専科」を見下していたものの仲間となったツンデレの秀才・藤井遼(鈴鹿央士)。

以前より藤井が登場するたびに「ガリットチュウに似てない?」など視聴者のなかで話題となっており、今回「待ってました! ありがとうございます(笑顔マーク)」と、藤井役の鈴鹿本人がリプライで反応したことで、本人公認の顔マネとなった。

福島のほか20日には、レイザーラモンRGプロデュースで、ぼる塾・はるかが東大専科の生徒・岩崎楓(平手友梨奈)に、ネルソンズ・青山とグリフォン國松がその両親(駿河太郎・馬渕英里何)に扮した写真が投稿され、「似すぎ」「仕事早い」など注目を集めた。

同ドラマは6月27日が最終回ということもあり、その放送後も芸人らによる顔マネが投稿されるか期待が寄せられる。放送は夜9時から、15分拡大SP。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本