ブルーボトルコーヒーが大阪・梅田に初出店、関西では6店舗目

2021.6.15 15:15

店舗イメージ

(写真1枚)

アメリカ生まれのコーヒー専門店「ブルーボトルコーヒー」が7月末、大阪に初出店する。

「ブルーボトルコーヒー」は、自社の焙煎所を持って豆本来の持ち味を引き出すことを追求する「サードウェイブ」(コーヒーブームの第3の潮流)と言われる「コーヒームーブメント」の旗手。関西では現在、京都に4店舗、神戸に1店舗あり、今回の「ブルーボトルコーヒー梅田茶屋町カフェ」は6店舗目となる。

気になる出店場所は、商業施設「HEP FIVE」を北上し、梅田芸術劇場の南部分にあたる茶屋町エリア。最寄りの阪急大阪梅田駅から徒歩3分ほどの場所に位置し、新たな街中のランドマーク的存在として話題となりそうだ。

また同店では、スペシャルティコーヒーをより楽しめる空間演出や、大阪のブランドとコラボレーションしたインスタレーションも予定。詳細は改めて発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本