玄米赤飯のパンとは? 大阪・北摂にかつてないベーカリー

2021.6.13 11:15
  • 父親の考案したスーパー玄米をパンとして提案する姉妹。中畑弥子さん(左)と井上聖子さん(右)
  • 場所は阪急豊津駅から徒歩約5分
  • くるみ食パン1斤650円
  • くりーむぱん230円
  • モチモチの食感がやみつきになるプレーン食パン、人気No.1商品
  • 野沢菜じゃこチーズ220円。「おやきのイメージで作りました」と井上さん
  • ベースとなるパン生地は1種類だが、中に入れるフィリングなどのバリエーションは豊富
  • 赤飯に使用しているスーパー玄米も販売。1kg1100円。浸水する時間も、一般的な白米と同じくらいで炊ける
  • 「日の出みりん」によるスーパー玄米を使った「食べる甘酒」800円も販売
  • 父親の考案したスーパー玄米をパンとして提案する姉妹。中畑弥子さん(左)と井上聖子さん(右)
  • 場所は阪急豊津駅から徒歩約5分
  • くるみ食パン1斤650円
  • くりーむぱん230円
  • モチモチの食感がやみつきになるプレーン食パン、人気No.1商品
  • 野沢菜じゃこチーズ220円。「おやきのイメージで作りました」と井上さん
  • ベースとなるパン生地は1種類だが、中に入れるフィリングなどのバリエーションは豊富
  • 赤飯に使用しているスーパー玄米も販売。1kg1100円。浸水する時間も、一般的な白米と同じくらいで炊ける
  • 「日の出みりん」によるスーパー玄米を使った「食べる甘酒」800円も販売
(写真9枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本