【5月29日】奈良県で19人が陽性、入院病床は42%まで回復

2021.5.29 22:00

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は5月29日、新型コロナウイルスの新規陽性者を19人確認したと発表。これで累計陽性者数は、7858人となった。

現在の感染者339人に対し、重症対応病床の占有率は56%(空き14床)、入院病床は42%(空き248床)まで回復。入院・入所待機中、自宅療養中は前日比6人増だが、60人となった。

また28日には、近隣府県が対象の緊急事態宣言が6月20日まで延長されたことを受け、県では独自の緊急対処措置の延長を決定。引き続き、感染拡大抑止に取り組んでいくことを発表した。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本