ムロツヨシ演出の舞台『muro式』、オンライン配信が決定

2021.5.30 07:45

左から出演者の本多力、永野宗典、西野凪沙、ムロツヨシ

(写真2枚)

緩急自在の演技力と、バラエティ番組などで見せる驚異のトークスキルが人気の俳優・ムロツヨシ。2021年4月に開催したプロデュース公演『muro式.がくげいかい』が、6月6日にオンライン配信されることが決定した。

「muro式」は年1回、ムロ自身がやりたい舞台をやるためのユニットとして、2008年に旗揚げ。2018年の第10回公演でいったん幕を下ろしたが、2020年にトラックを使った野外劇をおこなうことを、報道番組中で宣言して、待望の復活が実現した。

脚本に『バイプレイヤーズ』のふじきみつ彦、出演に京都の劇団「ヨーロッパ企画」の永野宗典と本多力の、muro式常連のメンバーに加えて、約400人のオーディションで選出された新鋭・西野凪沙も参加。テーマ曲は「東京スカパラダイスオーケストラ」が担当し、4月に「よみうりランド」(東京都稲城市)で上演した。

ムロ自身の演出による、野外のトラックならではの見せ方も好評で、5月には大阪&福岡公演も予定されていた。しかし、新型コロナウイルス蔓延にともなう緊急事態宣言が出たため、やむなく延期・・・ムロの言葉を借りると「ロングラン公演」に。今回の配信は、生舞台の実現を待ちきれないファンにとって、最高のプレゼントと言えるだろう。

ムロは配信に向けて、「お恥ずかしいですが、自信と喜び、嬉しみをもってお届けする劇です。キャスト、スタッフ全員が今だからこその全力で創りました。こんな舞台を創りたかったんです。どうか、どうか観てください。そして、これを観てくれるみなさまが、なにがあっても、どんなことがあっても、「めでたしめでたし」が訪れることを願って。野外劇、muro式.がくげいかい、どぞ」と、思いを込めてコメント。

配信は6月6日19時から、イープラス・ローソンチケット・チケットぴあの各ストリーミングサイトと、WOWWOWオンデマンドにて。WOWWOWを除き、冒頭にはムロの生配信トークも配信される。チケットは3000円、現在発売中。

文/吉永美和子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本