A.B.C-Z・橋本良亮主演、偏愛ラブストーリーを実写化

2021.5.24 06:15

主役・上条忍を演じる、A.B.C-Z・橋本良亮(C)ABCテレビ

(写真3枚)

雑誌「プチコミック」(小学館)に連載中の漫画『痴情の接吻』が、主演にA.B.C-Z・橋本良亮を迎え実写化。7月4日より放送をスタートする(ABCテレビ)。

同作は、累計140万部を突破した大人気コミックで、読書が生きがいの女と、彼女に執着する主人公・上条忍の「接吻(キス)」から始まる同居ラブストーリー。ヒロインを絶対的に愛し、一途な上条の姿が、「好きにならない理由がない!」「こんな風に愛されてみたい!」と、SNSで女性を中心に支持を集めている。

今回、その上条役をA.B.C-Z・橋本が演じる。今春からは情報番組のMCを務めるなど、活動の幅を広げている橋本。今作が初の単独主演作となり、作中では刺激的なラブシーンにも挑戦するという。

オファーを受けた橋本は、「単独主演もオトナのラブストーリーも初めてなので、聞いた時は『遂にきた・・・』とプレッシャーを感じながらも、とにかくうれしい気持ちでいっぱい。上条は僕と全く正反対な性格なので、どう演じるかすごく葛藤しています。 上条ファンにも納得して頂けるように攻めてみます!」と、意欲を述べた。

また、上条から情熱的な愛を餌付けを受ける、ヒロイン・柏木和華のキャスティングは後日発表される。初回放送は7月4日・夜11時25分から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本