大阪・鶴橋に話題の2Dカフェ、韓国最新スイーツも登場

2021.5.20 12:35

ウェディングスタジオとしても使用される予定のため、写真映えするポイントが随所に

(写真11枚)

2次元の世界を体感できると話題のカフェ「ヨナ カートゥーン」(大阪市生野区)が4月30日、大阪・鶴橋にオープン。韓国での最新カフェメニューがイートイン・テイクアウトの両方で楽しめる。

韓国で流行となっている2Dカフェは、白と黒のみを使い、平面に見えるように目の錯覚を利用したアートで店内を装飾。店内は、ウェディング会場や撮影スタジオとしても使えるよう「シンプル&ラグジュアリー」がテーマとなっている。

メニューは、韓国のカフェで人気の「クロッフル」(300円〜)をはじめ、韓国のカフェでは定番の韓国版ウインナーコーヒー「アインシュペナー」(660円)、お菓子を使ってアレンジしたフラッペ(660円〜)など約60種類がスタンバイ。

スタッフはすべて、ソウルの人気カフェで働いていた韓国人が在籍。お客からは「店員さんも韓国語を話していて、韓国にいる気分になった」「話題のスイーツが楽しめてうれしかった」という声があがっている。

スタッフの金さんは、「韓国にある定番のカフェを再現しつつも、ほかの店にはないようなドリンクメニューをたくさん取り入れました。今後も、韓国で流行しているメニューをどこよりも早く提供していくので、ぜひ楽しんでもらえたらうれしい」と話す。営業時間は朝10時〜夜7時。場所は大阪・生野コリアタウン内。

取材・写真/野村真帆

「ヨナ カートゥーン」

2021年4月30日(土)オープン
住所:大阪市生野区桃谷2-9-12
営業:10:00〜19:00(LO18:30)・火曜休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本