美しすぎる恒例の紫陽花パフェ、京都・伊藤久右衛門で期間限定

2021.5.10 19:50

紫陽花の見頃よりもひと足早く登場する「紫陽花パフェ」

(写真3枚)

毎年、紫陽花(あじさい)の季節を迎えるにあたって登場する「紫陽花パフェ」が5月10日、「伊藤久右衛門」(京都府宇治市)でスタート。SNSでは喜びの声があがっている。

本店を構える京都・宇治には紫陽花の名所「三室戸寺」があることから、雨露に濡れる紫陽花をイメージした限定メニュー。目当てに訪れる人も多く、「きれいなものとおいしいものは癒やし」「並んだけど食べれてよかった」と喜ばれており、今年の発表とともに「ずっーと食べたくて狙っている」「この季節が来た」といったコメントが投稿されている。

雨露に濡れる紫陽花をイメージし、淡い紫と青色のきんとんで花を、抹茶のクッキーで葉を表現。さらにクラッシュゼリーでキラキラと輝かせ、その下には、お茶の老舗ならではの宇治抹茶アイス、宇治抹茶みつなどが重ねられている。

「紫陽花パフェ」(1390円)、わらび餅やドリンクがセットになった「紫陽花茶会」(1990円)が宇治本店・JR宇治駅前店・祇園四条店で提供される。6月末まで予定し、売り切れ次第終了。

「伊藤久右衛門」

宇治本店●
住所:京都府宇治市莵道荒槙19-3
電話:0774-23-3955

JR宇治駅前店●
住所:京都府宇治市宇治宇文字16-1
電話:0774-22-0475

祇園四条本店●
住所:京都市東山区四条通大和大路東南角祇園町南側586
電話:075-741-8096

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本