日本初進出のホテル、W大阪が高級テイクアウト開始

2021.5.10 07:15

MYDOステーキ弁当5500円。ガーリックライス、鹿児島県産赤身ステーキ、ナポリタン、サラダがセットに。2日前までに要予約(イメージ)

(写真3枚)

今年3月に開業したラグジュアリーホテル「W大阪」(大阪市中央区)が4月28日から、テイクアウトをスタートした。

日本初進出した、マリオット・インターナショナルが展開するWブランド。「泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ『大人の遊び場』」をコンセプトに、個性的なインテリアやサービスなどが話題となっている。

そんな同ホテルが、現在コロナ禍において増加しているホテルのテイクアウトに早くも参入。外食を自粛する人に向けて「鉄板焼 MYDO(まいど)」と、軽食・スイーツ・お酒を提供する「LIVING ROOM(リビングルーム)」の料理をお弁当スタイルでお持ち帰りできるようになった。

鉄板焼きの料理人の技を活かす、ガーリックライスの上に鹿児島県産赤身ステーキをのせた「MYDOステーキ弁当」(5500円・2日前までに要予約)や、インターナショナルなホテルならではの「トルティーヤと野菜のラップサンドイッチ ヨーグルトソース」(3300円・ヴィーガン対応可)など計4種。予約は電話もしくはメールにて。

「W大阪」

2021年3月16日(火)オープン
住所:大阪市中央区南船場4-1-3
電話:06-6484-5812(レストラン予約)
メール:w.osaka.restaurantreservations@whotels.com

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本