奈良県の新型コロナ新規陽性者は62人、1人が重症

2021.4.13 19:30

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は13日、新型コロナウイルスの陽性者を新たに62人確認したと発表。うち1人は重症で、予断を許さない状況が続いている。

隣接する大阪府、京都府にも「まん延防止等重点措置」が適用された奈良県。感染動向の分析を進めたところ、県外由来の1次感染のうち4分の3が大阪由来で、県内での2次以降の感染は家庭内が多いということが判明。通勤・通学で大阪市に行く場合、寄り道しないよう呼びかけている。

また、クラスター対策や変異株への用心も今まで以上に必要とし、家族に風邪の症状が出た場合は、タオルや食器を共用しない、食事や就寝も別々にするよう注意を促している。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本