宝塚大劇場とファミリアの初コラボ「神戸っ子は欲しい」

2021.4.14 11:45

「刺繍ミニバッグ」8500円。本体約19×30cm/マチ:約10×20cm。(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

(写真5枚)

宝塚歌劇オフィシャルショップ「キャトルレーヴ」と、ベビー・子ども服ブランド「ファミリア」が初コラボ。「宝塚大劇場」(兵庫県宝塚市)と人気のキャラクターがデザインされたグッズが、4月27日から発売される。

1914年に誕生した「宝塚歌劇」と、1950年創業の「ファミリア」(本社:兵庫県神戸市)。互いに兵庫県で長い歴史を歩んできたこと、また子どもの創造力を育みたいという思いから今回の企画が実現したという。

同ブランドでおなじみのデニム生地の「刺繍ミニバッグ」(8500円)には、長年愛され続けているキャラクター・ファミちゃんとリアちゃんが「宝塚大劇場」へと向かう姿が刺繍されている。

阪神間では、「ファミリア」のバッグが通学カバンとして愛用されるほど人気。SNSでは、「神戸っ子は絶対ほしい」「観劇サブバッグにする」など、「宝塚歌劇」「ファミリア」の両方のファンから喜びの声があがっている。

ほかにも、オペラグラスのサイズにぴったりな「巾着」(3800円)は花・月・雪・星・宙組の5パターン、「はなの道」を歩く姿が描かれた「両ポケットクリアファイル」(600円)などステーショナリーを含む6種のアイテムがそろう。

いずれの商品も「キャトルレーヴ」の各店(宝塚店・東京劇場店・日比谷店・梅田店・福岡店)とオンラインショップにて販売。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本