野田洋次郎、出演映画の主題歌に「美しさがよみがえれば」

2021.4.9 07:15

菅田将暉(左)、野田洋次郎

(写真5枚)

8月6日に公開される俳優・菅田将暉の主演映画『キネマの神様』。その主題歌に、ロックバンド・RADWIMPSと菅田による楽曲『うたかた歌』が決定、楽曲を手がけた同バンドボーカルの野田洋次郎が思いを明かした。

同作は、ギャンブル好きで家族に見放されたゴウ(沢田研二)が、映画作りをきっかけに家族とともに再び動き出すヒューマンドラマ。若き日のゴウを菅田将暉が、撮影所で映画技師として働く青年・テラシンを野田が演じる。

主題歌『うたかた歌』について野田は、「最初は主題歌になるとかならないとかそういう話はまったくなく、撮影中に歌の言葉の断片みたいなものをちょっとずつためていました」と告白。

ゴウ役を予定していた故・志村けんさんへの思いも込められているそうで、「志村さんが亡くなったこともあり、それはひとつ香りとして残したいと思いましたし、僕らが通ってきた感情みたいなものを歌詞に、僕らが生きたあの撮影所の雰囲気を音にできないかと思って」と、胸の内を明かした。

また、「僕自身、本当に大好きな曲ですし、映画で描かれている世界の美しさみたいなものがいつまでもいつまでも、あの曲を聴くことでよみがえってくれたら本当にうれしいです」とも。同作は8月6日より全国の劇場で公開される。

映画『キネマの神様』

2021年8月6日(金)公開予定
監督:山田洋次
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、宮本信子
配給:松竹

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本