大阪府の新規陽性者は最多719人、職員もマスク無しで会食

2021.4.6 22:00

『大阪府新型コロナウイルス対策本部会議』で発言する吉村洋文知事(写真は3月26日)

(写真1枚)

大阪府は6日、新型コロナウイルスの陽性者を新たに719人確認したと発表。累計陽性者数は5万5748人となった。

この日の検査数は4712件で、陽性率は15.3%。この1週間の平均が6.3%だっただけに、爆発的に感染が拡大している状況だ。また、重症病床使用率も66.5%と高く、なにより感染源不明者が481人と、この1週間でほぼ2倍となった。

大阪府の吉村洋文知事は、ツイッターで「これまでの感染の波とは質的に違う感染急拡大、英国型変異株(N501Y型)の影響が確実に出てます」と投稿。そして、「海外では1.7倍の感染力と報告があり、日本では数字に基づく見解はないですが、確実に感染力は高く、若い世代にも感染しやすいです」と注意を促した。

また同日、府の自動車税事務所の職員2グループが、規定以上の人数でマスク無し会食をおこない、3人の陽性が判明したと発表。府民に「4人以下のマスク会食」の徹底を要請しながら、職員がルールを破ったという現状に、吉村知事は「府民の皆様に心からお詫び申し上げます。厳正処分と府庁職員の全調査、再発防止を徹底します」と謝罪した。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本