抹茶の生カステラなど食感楽しむ春スイーツ、ローソンに登場

2021.3.23 13:15

3月30日発売の「生カステラ お抹茶」(235円)

(写真5枚)

コンビニ「ローソン」(本社:東京都品川区)から、抹茶の生カステラやパイ生地コロネなど、食感を楽しむスイーツの新作5品が3月23日から随時発売される。

これまでにシリーズ累計6400万個(スイーツ・パン・アイスカテゴリー合計17品)を販売したローソンの人気スイーツ「バスチー −バスク風チーズケーキ−」。レアでもない、ベイクドでもない独特の食感が支持され、発売から2年経った今も30〜50代の女性を中心に人気だという。

今回、2019月12月に続く2回目のリニューアルとして、「もっとチーズ感が欲しい」「カラメルの風味を強くして欲しい」など購入者からの要望を反映。卵黄比率を従来の約2倍にしてコクをアップさせたほか、北海道産、オーストラリア産のクリームチーズに、北海道産のチェダーチーズを追加してチーズ感をプラスした。価格は225円。23日には「サクトロシュー」も発売される。

3月23日発売の「バスチー −バスク風チーズケーキ−」(225円)

30日からは、ふんわり軽いくちどけのシフォン風抹茶カステラ生地に、宇治抹茶を使用したクリームを詰めた「生カステラ お抹茶」(235円)、サクサク食感の24層のパイ生地でカスタードホイップを包んだ「パイコロネ カスタードホイップ」(200円)、とろとろプリンとふわふわクリームが楽しめる「プークリム」(240円)が登場する。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本