北欧発のフードデリバリーが関西初上陸、大阪の人気店続々

2021.3.13 17:15

Wolt配達員の制服はビビッドなブルー。左は「Wolt Japan」カントリーマーケティングマネージャーの新宅暁さん

(写真3枚)

フィンランド発のフードデリバリーサービス『Wolt(ウォルト)』が関西初上陸。3月18日から大阪市内でのサービスが開始される。

2014年にフィンランド・ヘルシンキでスタートし、現在23カ国140都市以上で展開されている同サービス。日本では2020年3月の広島を皮切りに、東京など8都道県10都市にエリアを広げている。

『Wolt』の特徴は、99円からという安価な配達料金に加え、地元で愛される人気店が数多く参加していることだという。大阪市では、おでん店「花くじら」や焼き鳥「とり藤」、隠れ家的中華バル「路地裏チャイニーズ 有馬」、フレンチシェフが作る鯛担麺専門店「抱きしめ鯛」など、300以上の人気店がすでに加盟済みだ。

また、平均30秒以下で『Wolt』側から最初の返答が来るチャットサポートが導入されており、遅延や返金、再配達などのトラブルに対して柔軟かつスピーディーに解決していく。

そして幸せの国・フィンランドならではのサービスとして、北欧デザインのオリジナル紙袋での提供や、お店が利用客にメッセージを綴れる「サンキューカード」など、「温かみのあるおもてなし」を大切にしているという。

「Wolt Japan」カントリーマーケティングマネージャーの新宅暁さんは、「満を辞して念願の大阪に進出させていただきます。目利きであることが知られている大阪のみなさまは、質の高いサービスを常に探し求めているのではと考えております。大阪のみなさまにも受けいれていただけると自信を持っているので、ぜひ一度使ってみて欲しい」と、意気込みを語った。

大阪グルメが0円になるキャンペーンも

大阪開始を記念して、「大阪王将」の餃子や「美々卯」のきつねうどん、「たこたこキング」のたこ焼きなど、500〜1000円の大阪グルメ合計1000食を、初回利用ユーザーに無料で進呈するキャンペーンを実施(3月18日〜31日)。

そのほか、3月18日から4月4日までの期間限定で「心斎橋パルコ」「大丸心斎橋店」内のレストラン合計20店舗以上は配達料金が無料に(1.5km以内が対象)。「心斎橋パルコ」は地下2階にオープン予定の「心斎橋ネオン食堂街」13店舗も参加する。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本