国宝・石清水八幡宮で、3日間限定の初ライトアップ

2021.3.11 15:15

『国宝・石清水八幡宮 祈りのともしび~和の心~』のイメージ

(写真2枚)

「石清水八幡宮」(京都府八幡市)で3月12日から3日間、本殿や境内をライトアップするイベント『国宝・石清水八幡宮 祈りのともしび~和の心~』が初開催される。

LEDライトで本殿の荘厳さが際立つように美しく演出されるほか、「京都芸術大学」によるねぶた作品の奉納展示、NPO法人「八幡たけくらぶ」が竹などでつくった照明で鎮守の森が光で彩られるという。また、巫女による豊栄舞や、国宝社殿の特別昇殿参拝で、厳かなひとときを味わうことができる。

本来であれば2月末に予定されていたが緊急事態宣言を受けて、2度も延長されてきた同イベント。観光庁により、新型コロナウイルスの平癒回復を祈り、夜の楽しみ方を提案するための実証事業としておこなわわれる。

3月12日〜14日の17〜20時、入場無料。また初日は19時から25日分間のみWEBでのライブ中継も予定。また開催期間中は「石清水八幡宮参道ケーブル」で、19時以降も臨時運転が実施される。

『国宝・石清水八幡宮 祈りのともしび~和の心~』

日時:2021年3月12日(金)〜日)・17:00〜20:00
会場:石清水八幡宮(京都府八幡市八幡高坊30)
料金:入場無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本