あんこやミルクなど専門店が集結、阪急に新しい食マーケット

2021.3.12 08:30

「コミューナルフードマーケット」内の新ブランド・コンフィチュールと焼き菓子「FLAVEDO」

(写真14枚)

百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)に、7ブランドが集結する食エリア「コミューナルフードマーケット」が誕生。3月31日のオープンに先駆けて、11日に商品が公開された。

「地域を元気にする素材」「環境を考えたモノづくり」「受け継がれてきた味わい」など、持続可能な「食の未来」をテーマにし、2019年10月から月1回開催されてきた「プラットファーム マーケット」が若年層にも好評なことから、常設コーナーとなる。

今回は同店が生産者らとともに立ち上げた新たな4ブランドも登場し、いずれもイートインできるメニューも準備。そのため、エリア中央にイートインスペースのテーブルを設置し、現場の生産者とのオンライン中継など、商品を楽しめるイベントも開催予定だという。

注目は、全国の約15牧場から厳選される牛乳や乳製品の「CRAFT MILK SHOP(クラフトミルクショップ)」、京都の製餡所によるあんこを使った甘味「京らく製あん所」、熊本の果物を使ったジャムと焼き菓子店「FLAVEDO(フラベド)」、千葉・八街市産のピーナッツ専門店「Dore(ドレ)」だ。

「こだわりのないものがない、という顔ぶれがそろっています。大量生産できない丁寧に作られた商品ばかりで、その分、作り手の方の思いがお客さまに直に届く場になれば」と担当者。

ほかにも、既存店の「蜂蜜専門店ミールミィ」、「サスティナブルコーヒーショップ ロイヤルフレーバー」はリニューアルオープンし、フランスの発酵バター専門店「エシレ・マルシェ オ ブール」では3月31日から期間限定スイーツが販売される。場所は、地下2階食品売場。

取材・文・写真/塩屋薫

「コミューナルフードマーケット」

2021年3月31日(水)オープン
住所:阪急うめだ本店B2 食品売場(大阪市北区角田町8-7)
時間:10:00~20:00
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本