ゆりやん『R-1』優勝で涙「みなさんのおかげです」

2021.3.8 07:30

『R-1グランプリ2021』で優勝を果たした、ゆりやんレトリィバァ

(写真6枚)

ひとり芸No.1決定戦『R−1グランプリ2021』(カンテレ・フジテレビ系)の決勝戦が3月7日におこなわれ、ゆりやんレトリィバァが優勝し、賞金500万円を獲得。感謝の気持ちを述べた。

19回目となる今回から、出場資格が10年以内に変更するなど、大きなリニューアルを果たした同大会。決勝戦には、芸歴2年の高田ぽる子を筆頭に、ZAZY、土屋、森本サイダー、吉住、寺田寛明、賀屋(かが屋)、kento fukaya、ゆりやんレトリィバァ、敗者復活戦で勝ち上がったマツモトクラブら、若手芸人10名が参戦し、激戦を繰り広げた。

ファイナルステージに勝ち上がったのは、ZAZY、賀屋(かが屋)、ゆりやんレトリィバァの3人。なかでもゆりやん は、ファーストステージで職場の後輩社員から観葉植物など、さまざまなモノに「〜〜ちゃうねん!」とツッコむ会社員、ファイナルステージでは、いきすぎた被害妄想から拳銃を構え、音響を駆使し暴れまくるというゆりやんワールド全開の芸を披露した。

優勝が発表された瞬間、両手で顔を覆ったゆりやん。手を離しおどけた顔を見せたが、頰には涙がつたい、「みなさんのおかげです、ありがとうございます」と感謝を述べた。続けて、「辞めさせてもらいます!」と、ネタで使った小道具の辞表を見せるボケで会場の笑いを誘った。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本