芸歴11年以上のR−1、ヒューマン中村が優勝「ホッとした」

2021.3.7 17:30

ネタを披露するヒューマン中村

(写真7枚)

芸歴11年以上限定のひとり芸イベント『R−1ぐらんぷりクラシック〜集え!歴戦の勇士たち〜』が、3月6日に「クールジャパンパーク大阪」(大阪市中央区)で開催。『MVP(エム・ブイ・ピン)』に選ばれた、ヒューマン中村が胸の内を語った。

3月7日に決勝が放送される、ひとり芸日本一決定戦『R−1グランプリ2021』。19回目を迎える同大会は、「芸歴10年以内」に参加規程が変更され、これまで大会に貢献したベテランのピン芸人たちは出場権を喪失し、悲嘆の声をあげていた。

そんな芸人たちを救うべく企画されたのが、今回の『R−1ぐらんぷりクラシック』。『R-1グランプリ』で準決勝以上に進出実績のある、芸歴11年以上の芸人が参加可能となり、桂三度や中山功太、くまだまさし、サンシャイン池崎といったピン芸人35人参戦。A〜Eの5ブロックに分かれてネタを披露し、観客による最終投票でヒューマン中村が優勝、賞金50万円を勝ち取った。

大会終了直後にオンライン記者会見に出席したヒューマン中村は、興奮さめやらぬようすで、「(R−1に出場できなくなり)目標がなくなって途方に暮れていた。正直ホッとした。これで一区切りつけられて次の目標に向かえる」とコメント。「憧れの中山功太さんや、切磋琢磨してきた守谷日和と一緒に戦えるのはうれしかった。今後は自分の単独ライブを大きくするために頑張りたい」とよろこびを語った。

記者会見の司会・浅越ゴエは、「R−1の決勝戦にプレッシャーをかけられるような盛り上がりだったと思う。35人がピンネタを続けるのは爽快だったし、その中でもヒューマン中村の優勝は納得」と大会を総括した。『R-1グランプリ2021』は3月7日・夜7時から、カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて生放送される。

取材・文/上地智

『U-NEXT R-1グランプリ2021』

放送日時:2021年3月7日(日)19:00〜

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本