淡路島のヘソに新施設、島の人気スイーツや雑貨などが集結

2021.3.5 12:45

『FARM to BUAM -AWAJI ISLAND-』をコンセプトに、淡路島の食品や産業を育て、やがてそれが大きな木となるよう、いずれは「スイーツ島、甘路島」として淡路島のスイーツが集まる場所になるよう、と願いが込められた

(写真4枚)

淡路島のバウムクーヘン工房・カフェ「cafe maaru」(兵庫県洲本市)が3月12日、島内に「淡路島ばぁむ工房 maaru factory」(南あわじ市)をオープン。スイーツをはじめ、農産品や雑貨など淡路島にゆかりのあるものが集う2階建ての観光施設となる。

職人が毎日一層一層手作りで焼き上げ、しっとり&ふんわりのやさしい味わいの「淡路島ばぁむ」が人気のこちらのカフェ。

このバウムクーヘンにも鶏卵・牛乳・うるち米粉など地元・淡路島の食材を使用するカフェだけあって、今回は淡路島にあるさまざまな副産物を販売する、まさに島の「ヘソ」となる観光施設を目指すという。

1階にはバウムクーヘンの形をした大きなテーブルが設置され、ありとあらゆる淡路島ならではのスイーツが集結。また、2階には島とつながる徳島県の人気店「ロッタハウス」の雑貨を集めたコーナーも登場する。

場所は海沿いのカフェから、島の中心部に向かって車で20分程度。営業時間など詳細は未定。

『淡路島ばぁむ工房 maaru factory』

住所:兵庫県南あわじ市広田広田865-1

「cafe maaru」
住所:兵庫県洲本市海岸通1-7-19
営業:11:00〜18:00/火曜休
電話:0799-20-5624

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本