新喜劇・吉田ヒロが個展「舞台もアートも同じことしたくない」

2021.3.4 19:15

会見に登場した(左から)吉田ヒロ、ぼんちおさむ(4日・大阪市内)

(写真11枚)

吉本新喜劇の吉田ヒロが3月4日から、アートギャラリー「ラフ&ピース アートギャラリー」(大阪市中央区)で初の個展を開催。その初日にリモート記者会見をおこなった。

今回の個展では、コロナ禍のなかで制作されたという47点の作品を展示。「元々絵を描いていて、一時期絵の仕事が多すぎて疲れて離れてしまった。でもコロナ禍でたくさん時間ができたなかで、また絵に対する熱が高まった」と吉田は経緯を説明した。

会見には、吉田ヒロのほか、ステンドグラス作家・造形作家・書道家らからなるアート仲間「チームむぎ水」の一員・鈴木つかさ、吉田ヒロの師匠であるぼんちおさむら、ともにコラボ作品を制作した2人も相席。

個展と作品をアピールするとともに、吉田と鈴木は「僕、このテーブル買おうかな。いくらですか?」(鈴木)、「90万(円)」(吉田)、「高っ!」(鈴木)と舞台さながらのかけ合いを披露。吉田は「1つひとつの作品が高いので、金持ち集まれ!」と、来館を呼びかけた。

しかし、作品制作についての話題になると表情が一変。吉田は、「僕は何でも決まったことをしたくない。舞台では1回目と2回目(の公演)で演じる内容を変えたいし、作品制作では『ここでこの色を入れたら面白くなるんちゃうかな』と、その場その場のインスピレーションで制作している」と真面目に語った。

入場は無料で、期間は3月21日まで。13時から18時までの開催となる(各日最終入場は閉店の30分前まで、火・水曜は定休日)。 

取材・文/上地智

『吉本新喜劇 吉田ヒロ展 鈴木つかさ・チームむぎ水』

期間:2021年3月4日(木)〜21日(日)
時間:13:00〜18:00 ※火水閉館
会場:LAUGH & PEACE ART GALLERY OSAKA(大阪市中央区難波千日前3-15)
料金:無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本