クセ強芸人が楽器で愛の告白、さんま「天才ピアニストの雰囲気はある」

2021.2.22 17:30

渾身のピアノ芸で愛をアピールするキャツミ(写真提供:MBS)

(写真2枚)

明石家さんまがMCをつとめる『痛快!明石家電視台』(MBS)の2月22日放送回に、関西若手芸人30人が登場。さんまに恋愛トークをぶつけまくる。

若手が自らに襲いかかったとんでもない恋人の恐怖体験を披露する今回の企画。お笑いコンビ・ダブルアートのタグは超美人のナンパに成功し、さんまも「いいなぁ」とうらやむ体だけの関係に。しかし、彼女から「実は私〇〇が好きで好きで仕方ないの・・・」と衝撃の告白が。タグと関係を持った驚きの理由が明らかとなる。

また、歌ネタで注目されるコンビ・ねこ屋敷の山崎愛子は、同期芸人である彼氏との交際を両親が認めてくれないと打ち明ける。そこで、劇場の出番もなく山崎が「どん底芸人」と嘆く彼氏がスタジオに登場。さんまに認めてもらうために、急きょ寛平との即興漫才を披露する。

すると、まっすぐ前が見られないクセ強な芸人・キャツミが突然、「僕も山崎さんのことが前から好きなんです」と愛の告白。キャツミが頭に付けた風車の回転を止めずにピアノを弾く、渾身の芸で山崎に愛をアピールすると、さんまは「天才ピアニストの雰囲気はある」と膝から崩れ落ちる。この模様は2月22日・夜11時56分より放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本