アニメ『鬼滅の刃』2期決定、反響大で世界トレンド1位に

2021.2.15 07:15

公開されたティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

(写真1枚)

社会現象となったアニメ『鬼滅の刃』の『竈門炭治郎 立志編』、そして『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に続く物語、『遊郭編』の2021年テレビアニメ放送が決定。14日、ティザービジュアル&第1弾PVも解禁された。

同アニメは、累計発行部数1億3000万部を突破した吾峠呼世晴による漫画作品(集英社ジャンプ コミックス刊)を原作としたアニメシリーズ。2019年4月より放送が開始され、国内のみならず、全世界で大きな話題に。劇場版は国内興行収入歴代1位の記録を更新し続けている。

今回放送が決定したのは、無限列車での任務を追えた主人公・竈門炭治郎たちの次なる任務を描く『遊郭編』。鬼殺隊最高位の剣士「柱」の一人、音柱の宇髄天元とともに、炭治郎たちは鬼の棲む遊郭へ向かう。

そしてティザービジュアルや、遊郭の街並みを屋根から見下ろす宇髄天元の姿が描かれた第1弾PVが公開され、ツイッターでは「鬼滅2期」が世界トレンド1位を獲得。「PVの作画がすでに神」「景色がきれい・・・(アニメーション制作の)ufotableさすがすぎる」など、ファンから期待の声が多数寄せられている。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本