想像できない…ロングセラー板ガムの味、なぜかポテチで再現

2021.2.14 12:15

ポテトチップス ブルーベリーガム味、ポテトチップス 梅ガム味

(写真3枚)

「ロッテ」(本社:東京都新宿区)のロングセラー商品「ブルーベリーガム」と「梅ガム」の味わいを再現したポテトチップスが、2月15日から全国のドン・キホーテ系列店舗などで販売される。

ポテトチップスの「カルビー」(本社:東京都千代田区)と「ロッテ」は、お菓子本来の楽しさを追究する『おかしな研究所』を2020年4月に共同設立。同年8月には「トッポ<とうもりこ>」、9月に「おおきなパイの実<しあわせバタ~>」を発売するなど、両社の代表的商品を掛け合わせたお菓子を次々に生み出している。

今回、「『どんな味がするのだろう?』とお客さまにワクワク、ドキドキしていただける味を」との思いから、1982年発売の「ブルーベリーガム」と、1976年発売の「梅ガム」の味をポテトチップスで再現することに。特に「板ガムが好きな30~50代の男女に楽しんでほしい」と話す。

『ポテトチップス ブルーベリーガム味』は、「ブルーベリーガム」の甘酸っぱい味わい、高原果実の爽やかな香りを再現。『ポテトチップス 梅ガム味』は、「梅ガム」の梅とシソの爽やかな和の風味を再現したという。

価格は120円前後で、全国の「ドン・キホーテ」系列店舗及び「アピタ・ピアゴ」限定で販売。数量限定でなくなり次第終了となる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本