阪急阪神ホテルズ、一部休業中のホテルが期間を延長

2021.2.4 06:45

商業施設リンクス梅田の上層階に位置する「ホテル阪急レスパイア大阪」

(写真3枚)

政府による緊急事態宣言の延長を受けて、「阪急阪神ホテルズ」(大阪市北区)が一部ホテルでの休業延長を2月3日に発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑止する観点から同社は、1月20日から一部休業し、本来であれば2月21日までだったが3月7日までに延長。近隣のホテルを代替の宿泊先として案内する。

休業を延長した「大阪新阪急ホテル」「新阪急ホテルアネックス」「梅田OSホテル」は、2019年11月に開業した「ホテル阪急レスパイア大阪」へ。「ホテル阪神アネックス大阪」は、「ホテル阪神大阪」へと案内している。

またホテル内の直営レストランも同じく3月7日まで休業するが、宿泊営業をおこなっているホテルのみ、朝食を提供し続ける。

ほかに、現在休館している「ハイアット リージェンシー 京都」は2月28日まで休業。「箕面観光ホテル」「ホテル京阪 京都八条口」も3月7日まで延長することを発表するなど、関西で休業するホテルは少なくない状況だ(2月3日時点)。

また、営業しているホテルも対応はさまざまで、ブッフェ限定で休止するホテルや、レストラン全体を休業する施設もあるので、事前に確認を。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本