宇治の人気スイーツも、京都のホテルと福寿園がコラボ

2021.1.29 17:20

最初は玉露からスタートし、スイーツと軽食が楽しめるコラボアフタヌーンティー

(写真5枚)

お茶の老舗「福寿園」と(本社:京都府木津川市)と、「ウェスティン都ホテル京都」(京都市東山区)がアフタヌーンティーでコラボ。お茶を存分に活かしたアフタヌーンティーが2月1日からスタートする。

創業寛政2年(1790年)の「福寿園」が、宇治市でお茶の魅力を紹介するために運営する「福寿園宇治茶工房」。そのなかの茶寮で提供され、人気を集める玉露のゼリーや、濃厚で芳醇な味わいの玉露のソースを、ホテルのシェフが再現。それともに、抹茶、ほうじ茶などを使った、お茶尽くしなメニューがラインアップする。

「福寿園」の玉露のウェルカムドリンクからスタートし、アイクスクリームに濃い玉露のソースをかけて楽しむアフォガード、あんことクロテッドクリームを添えたスコーンなど。ぶり寿司の抹茶塩掛け、ほうじ茶のリゾット、抹茶ごま豆腐などの軽食含めて約14種となっている。

期間は2月28日まで、オールデイダイニング「洛空」で12時〜16時に提供。料金は5000円(税サ別・要予約)。

「福寿園宇治茶工房コラボレーション アフタヌーンティー」

期間:2021年2月1日(月)~2月28日(日)
時間:12:00〜16:00
料金:5000円(税サ別・要予約)
電話:075-771-7158

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本