イズミヤ・阪急オアシス、今年ならではの恵方巻対策とは?

2021.1.26 07:15

「阪急オアシス」の予約限定商品。天然素材からとった出汁を使用しただし巻き玉子入りの恵方巻「魚屋の鮨 贅沢海鮮太巻き」(一部店舗・予約限定商品)

(写真9枚)

百貨店や食品事業を展開する「エイチ・ツー・オー リテイリング」(大阪市北区)傘下の、スーパー「イズミヤ」「阪急オアシス」では恵方巻の予約を強化。感染対策として、当日の売り場の混雑回避を狙うための対策となる。

124年ぶりとなる2月2日の節分は、さらなる盛り上がりが期待されると同時に、通常よりも早い日程のため駆け込み需要も想定。そこで、両社ではそれぞれの対策がおこなわれるという。

「今年はこだわりの恵方巻でおうち時間を豊かに。予約販売強化、当日は分散陳列で密をふせぐということを目的としています」と広報担当者は説明する。

そのため「イズミヤ」では、予約締切日を例年よりも2日間延長(一部商品除く)し、会員に向けて予約ボーナスポイントを設けることで、例年は商品全体の3%のところ、6%の予約を目指すとのこと。兵庫県産の香住で水揚げされた紅ずわいがにをたっぷり使った「浜ゆで香住がにたっぷり太巻」(1980円税別)といった予約限定商品が準備される。

「阪急オアシス」は、「おうち時間」を豊かにするための商品を強化すると同時に、予約限定商品には縁起の良い海苔を使用。こちらは正暦2年(991年)に創建した厄除けで有名な「壬生寺」(京都市中京区)で、「開運・厄除け」のご祈祷を受けた、上質な瀬戸内海産焼のりとなっているとのこと。

こちらでは、創業150年徳島牟岐の魚問屋「泉源」の女将兼だしソムリエの和田智子さん監修のだし巻き玉子と一緒に巻き上げた「魚屋の鮨 贅沢海鮮太巻き」(1380円税別)などが登場する。

「今年の恵方は南南東です。こんな時代だからこそ、お目当ての商品を予約していただくことで、より快適にお買い物いただければと思います」と担当者。「イズミヤ」では予約限定商品の受付は1月27日・19時まで。また、それ以外の商品も29日・19時まで。商品の引取は2月1日・2日。「阪急オアシス」での予約は1月28日・19時まで。商品の引取は2月2日・正午から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本