大ヒット『はじめの一歩』、当初は「10週だけの依頼」だった

2021.1.23 22:30

左から、森川ジョージ、川島明(麒麟)、山内健司(かまいたち) © ytv

(写真2枚)

川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)がマンガについて好き勝手にしゃべりまくる番組『川島・山内のマンガ沼』(読売テレビ)。その1月23日放送回に、人気ボクシングマンガ『はじめの一歩』作者・森川ジョージがゲストで登場する。

高校在学中にデビューを果たし、1989年から『週刊少年マガジン』で代表作『はじめの一歩』を連載する森川ジョージ。「10週だけの依頼からスタートした」、「第1話のネームに1年以上かけた」など貴重な誕生エピソードが明かされるほか、新人の森川が編集者に言われた痛烈な言葉なども暴露する。

さらには、「はじめの一歩で一番好きなキャラクターは?」、「ストーリーをどれ位先まで考えるか」という質問から、森川の口からは知られざる事実がどんどん飛び出す。この模様は1月23日・深夜1時28分から放送される(日本テレビは1月28日・深夜2時4分)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本