ニューヨーク屋敷の個展が難波で、M−1ネタのステッカーも

2021.1.21 20:15

『ヤシキ版画展2021』メインビジュアルは見取り図・盛山

(写真3枚)

『M−1グランプリ』で2年連続ファイナリストとなったお笑いコンビ・ニューヨーク。ツッコミ・屋敷裕政の版画個展『ヤシキ版画展2021』が、難波の「ラフ&ピース アート ギャラリー」(大阪市中央区)で1月22日から開催される。大阪では初の個展となる。

2020年の4月初旬から約2カ月、ステイホーム中の新たな趣味として版画を始めた屋敷。1日平均3時間かけて彫った作品を毎日インスタグラムに投稿し、7月に「ヨシモト∞ドームステージII」(東京都渋谷区)で初披露した。

販売した版画やTシャツはすべて手刷りで、コンビでの仕事の合間を縫って1枚1枚丁寧に仕上げるなどグッズまでこだわりの詰まった個展は、入場制限があるなかでの開催だったが総来場者数は約1500人と大盛況で幕を閉じた。

大阪初開催となる今回のメインビジュアルは、インパクト抜群の見取り図・盛山(18日目の作品)。会場では自粛期間中に彫った作品と個展のために彫った作品、さらに初展示となる新作を合わせた約70作品を展示予定だという。

また、版画のタッチが活かされたウッドキーホルダー(5種ランダムで600円)や、『M-1グランプリ2019』で披露したラブソングのネタ中の2人を再現したステッカー(5種ランダムで500円)など、ファンなら垂涎もののグッズが勢揃い。

屋敷は自身のツイッターにて、「こんなご時世なので無理はしないで下さい! でももし来ていただけるなら、山ほどグッズ買ってほしいです」とコメントしている。期間は2021年2月15日まで。料金は無料だが、事前予約制となっている。

文/フジタミナミ

『ヤシキ版画展2021』

期間:2021年1月22日(金)~2月15日(月)
時間:13:00〜18:00 ※火・水休
会場:Laugh & Peace Art Gallery(大阪市中央区難波千日前3-15)
料金:入場無料(予約制)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本