近鉄電車、停車駅の少ない特急を「ひのとり」で統一へ

2021.1.9 07:15

2月13日以降、始発駅毎時0分発のほか、土・休日に運転する停車駅の少ないすべての名阪特急が「ひのとり」で運行

(写真3枚)

大阪難波駅~近鉄名古屋駅間を走る「近畿日本鉄道」(本社:大阪市天王寺区)の特急「ひのとり」。2月13日以降、始発駅毎時0分発のほか、土・休日に運転する停車駅の少ないすべての名阪特急が「ひのとり」で運行することが決定した。

変更前の同車の運行本数は平日14往復、土・休日15往復だが、2月13日以降は平日15往復、土・休日19往復と増える形に。

また変更前は、停車駅が少なく短時間で終点駅に着く特急を0分発、多くの駅に停車する特急を30分発として分けていたが、以降は前者を「ひのとり」、後者をもうひとつの特急車両「アーバンライナー」が運行する形で統一される。

日本最大級の座席間隔や、後方に倒れない「バックシェルシート」を全席導入するなど、こだわりのくつろぎ空間が好評を呼び、2020年上半期のプレミアム車両乗車率が7割にも至った「ひのとり」。運行計画が変更され、今後の活躍にますますの期待が高まる。

大阪難波〜近鉄名古屋間は、レギュラー車両が4540円(運賃2410円、特別急行料金1930円、特別車両料金200円)で、プレミアム車両が5240円(運賃・急行料金は同額、特別車両料金900円)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本