花組・柚香光主演、ガーシュウィンの音楽で彩る名作を生中継

2021.1.12 18:15

豊かな感性をもつ柚香光と華優希のトップコンビがコメディを繰り広げる

(写真1枚)

1月9日に「東京国際フォーラム ホールC」で開幕した、宝塚歌劇花組公演「ブロードウェイ・ミュージカル『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』」。トップスター・柚香 光(ゆずかれい)が主演する同作のライブ中継・ライブ配信が、「梅田芸術劇場メインホール」で上演の2月6日・16時半公演にておこなわれる。

2020年に『はいからさんが通る』で新トップコンビお披露目を果たした柚香 光と、トップ娘役・華 優希(はなゆうき)が、2012年ブロードウェイで初演、トニー賞10部門にノミネートされた海外ミュージカルに挑む話題作。

舞台は禁酒法時代のニューヨーク。お金持ちのプレイボーイ、ジミー(柚香)が、4度目の結婚を控え独身最後の夜を楽しんでいたところ、ボーイッシュな女性ビリー(華)に出会う。ビリーは実は酒の密輸を企てるギャングの一味だが、2人は次第に惹かれ合っていく。

全編にガーシュウィン兄弟の名曲を散りばめたロマンティック・コメディ。柚香は2013年上演の『フォーエバー・ガーシュイン』でフレッド・アステア役を演じたことがあるが、今回は苦労知らずのお坊ちゃま、という役柄で、新たな面を見せながら珠玉の音楽の醍醐味を届けるだろう。また、華は今年7月で宝塚を卒業することを発表しており、息の合ったコンビによる楽しい芝居の掛け合いは、日ごとに深化していくはず。

花組が誇る男役スター・瀬戸かずやは、ビリーの密輸仲間のクッキー役。大騒動に巻き込まれるコミカルな味などを、絶妙に見せてくれそうだ。雪組から花組へ組替えし大活躍の男役・永久輝(とわき)せあが、ジミーの婚約者アイリーンという女性の役に挑戦するのも注目。

潤色・演出は、先ごろ月組公演『ピガール狂騒曲』で令和2年度文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞した原田 諒。タップダンスなど見せ場がふんだんにあるブロードウェイ・ミュージカルを、宝塚歌劇バージョンとして新たに演出する手腕に期待が高まる。

ライブ・ビューイングは先行抽選販売が1月20日~27日、一般発売が1月31日~2月5日。料金は全席指定で4400円。全編ライブ配信は「Rakuten TV」および「U-NEXT」にて実施。販売は1月26日~2月6日。料金は3500円。詳細は公式サイトへ。

文/小野寺亜紀

宝塚歌劇 花組梅田芸術劇場メインホール公演

ブロードウェイ・ミュージカル『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』

●ライブ中継
日時:2021年2月6日(土)16時半開演
料金:4400円(全席指定)
会場:日本全国および台湾の映画館

●ライブ配信
日時:2021年2月6日(土)16時半開演
視聴方法:「Rakuten TV」および「U-NEXT」にて配信
料金:3500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本