ラストツアーが延期に、髙橋真梨子が初のスタジオライブを決行

2021.1.2 14:15

『髙橋真梨子 STUDIO LIVE 2020“THE FIRST”』の模様 写真/田中聖太郎

(写真4枚)

『ごめんね・・・』『for you…』『はがゆい唇』など、数々のヒット曲を世に送り出し、半世紀以上にわたって活躍する屈指の女性シンガー・髙橋真梨子。そんな彼女のキャリア初となるスタジオライブが、WOWOWにて放送される。

コロナウイルスの影響により、ラストと銘打った全国ツアーが延期となり、待ちわびるファンのために自身初のレコーディングスタジオでのライブを決意した髙橋。長年にわたり支えてきた「ヘンリーバンド」とともに収録に挑み、歌の合間にはメンバーとの貴重なトークセッションも披露。結果的に、これまでにない非常にプレミアムなプログラムとなった。

番組のナビゲーターとのオープニングトークでは、初体験となるスタジオライブに不安をのぞかせる一幕もあったが、80年代を代表するヒット曲『桃色吐息』でスタートしたライブは、変わらぬ艶のある歌声と芳醇なバンドサウンドが見事に融合。そして、ペトロ&カプリシャス時代のセクションでは、往年のヒット曲『ジョニィへの伝言』『五番街のマリー』をやさしく歌い上げ、終始なごやかなムードにスタジオは包まれていった。

また、コロナ禍によって音楽への想いや聴き方、意識が一変したとも語った髙橋は、その期間にしたためたという新曲『やさしい夢』をプログラム終盤に披露。そしてラストを飾ったのは、メンバーが思わず聴き惚れて演奏ミスしそうになったという『フレンズ』。七色に変化する光のカーテンに抱かれながら歌う幻想的な演出と相まって、大円団を迎えたのだった。この模様は1月2日・夜7時から、WOWOWライブにて放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本