元阪神・田淵と掛布、バットに隠された真実を語る

2020.12.29 22:15

現役当時のエピソードを語る田淵氏(左)と掛布氏(右)©MBS

(写真1枚)

MBSラジオ『ミスタータイガース 田淵幸一・掛布雅之のNO BASEBALL NO LIFE』の収録がおこなわれ、田淵幸一氏と掛布雅之氏が登場。2人の現役時代の秘話が語られた。

田淵氏が「生涯の友」と呼ぶ掛布氏と対談した同番組では、ともに「ミスタータイガース」と称され感じた4番打者としての重圧や、盟友である星野仙一氏とのエピソードなど、虎ファン必聴のトークが展開された。

そのなかで、1本のバットについて言及。掛布氏は、阪神のスター選手として大車輪の活躍をみせていた田淵氏から貰った新品のバットを、15年間素振り用のバットとして使い続けたという、2人のレジェンドの絆を感じさせるエピソードが明かされた。

収録を終えた田淵氏は「コロナ禍で在宅を余儀なくされおとなしくしていたんですが、久しぶりに楽しく健康的なひと時を過ごしました」とコメント、掛布氏も「田淵さんは背中を追い続けてきた大先輩。共演できるのは(自分にとって)大変名誉なことだと思います」と語った。

この模様は12月30日・昼3時からMBSラジオで放送される。

MBSラジオ『ミスタータイガース 田淵幸一・掛布雅之のNO BASEBALL NO LIFE』

放送:2020年12月30日(水)・15:00〜

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本