中川大志「不安なときは、夢が芽生えた瞬間を思い出す」

2020.12.26 20:15

恒夫の声を演じた中川大志。「恒夫は今まで演じたなかでも一番自分に近いキャラクターなので演じやすかったですね」と、振りかえる

(写真7枚)

中川大志と清原果耶が、声優としてダブル主演を務める劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』が、12月25日から公開。 芥川賞作家・田辺聖子の同名小説が原作となり、車いす生活の少女・ジョゼが大学生の恒夫と出会い、外の世界へ飛び出す姿が美しい映像とともに描かれている。

今回は恒夫の声を演じる中川に、役に込めた思いや、作品の舞台である大阪の思い出などリモートで話を訊いた。

取材・文/西村円香 ヘアメイク/池上豪(NICOLASHKA) スタイリスト/山本隆司

「決めたことは絶対やり遂げたいし、負けず嫌いな性格です」

──恒夫を演じることが決まったときの気持ちはいかがでしたか?

自分は俳優なので、声のお仕事にチャレンジする機会をいただけるのはうれしいことですし、ありがたいことだと思いました。恒夫は留学するという夢がしっかりあり、そこに向かってバイトを掛け持ちするなど努力もしている。

ちょっと頑固というか負けず嫌いなところがあるので、そういうところは僕と似ているかなと思いました。僕自身もやると決めたことは何としてでもやりたいし、負けず嫌いなところがあるので、その辺りは恒夫に共感できました。

違うところは、恒夫はちょっと人の気持ちに鈍感すぎるかな・・・。僕はもうちょっと敏感だと思います(笑)。

最初はけんかも多かったが、お互いの魅力を発見していくジョゼ(左)と恒夫。(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

──恒夫とジョゼのような、運命が変わってしまうほどの出会いをしたことはありますか?

俳優という仕事に就くきっかけはスカウトだったので、今でも僕を道端でスカウトしてくれた人に出会えたのは運命だったのかなと思います。女性との出会いで憧れるのは、相手がカフェの店員さんで、自分はお客さんで通っていて、そこから恋が始まるとかですかね。

──それはカフェの店員さんが、ドキドキしてしまいそうですね(笑)。ちなみに、スカウトされてから今に至るまで人生にどんな変化がありましたか?

最初は俳優の仕事は、訳も分からずやっていました。でも、続けていくうちに、自分の作品を見てくれた人から「感動しました」「面白かったです」と感想をもらったときに、自分が演じた先にはこういう風に受け取ってくれる人がいるんだなと実感できたんです。

まだ小学生でしたが、僕にとっては大きな出来事で、純粋に心に響いて、俳優という仕事と真剣に向き合うようになりました。

「アニメーション映像がとてもきれいで見応えがあります」と太鼓判を押す中川大志

──早々に将来の夢を見つけられたんですね。この作品では、そんな夢をあきらめるなというメッセージも込められていると感じました。今年はコロナの影響で、あきらめざるを得なかった人たちもいたと思うので、余計に心に響きました。

特に今年は世界が変わってしまったので、何のためにがんばればいいのだろう、夢に向かってがんばる意味があるのかな? という、閉鎖的な感情に押しつぶされそうになっちゃう気持ちって、絶対誰もがあると思います。

しかも、それが進路を決断するタイミングだったらなおさら不安も多いはず。そんな不安を感じたとき、僕は夢を持った瞬間のこと、夢が生まれたときの気持ちを思い出すようにしています。

夢に向かうのがすべてになってしまって、その瞬間って忘れがちだから、なぜ夢に向かおうと思ったか、芽生えた瞬間を忘れないようにしていたら、不安なときでもその気持ちが自分に力をくれるんじゃないかなと思います。

『ジョゼと虎と魚たち』

2020年12月25日(金)公開
監督:タムラコータロー
原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』
声の出演:中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美、盛山晋太郎(見取り図)、リリー(見取り図)
配給:松竹/KADOKAWA

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本