Creepy Nuts、M−1とコラボ「まさかこんな形で」

2020.12.16 08:45

映像のキャプション (C)M-1グランプリ事務局

(写真14枚)

12月20日に開催される漫才頂上決戦『M−1グランプリ2020』(ABCテレビ系)。15日、大会の公式ツイッターやYouTubeにて告知映像のロングバージョンが公開された。

コロナ禍での開催というこれまでにない厳しい年となった2020年大会には、過去最高の5081組が参加。今月7日に先行公開された30秒バージョンの映像は、ツイッターでトレンド入りを果たすなど大反響となった。

「M-1グランプリ2020」×「Creepy Nuts」スペシャルムービー

今回のロングバージョンでは、ぺこぱの松陰寺が「ここでしか味わえない刺激がある」とつぶやく場面からはじまり、予選に挑む真剣な表情、お笑いにかける熱すぎる思いなど、芸人たちのさまざまな表情が映し出されている。

映像のBGMは、ヒップホップユニット・Creepy Nutsの楽曲『板の上の魔物』。若き漫才コンビの奮闘と成長を描いたドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系・2019年7月放送)のOPテーマとして書き下ろされたものだが、歌詞の内容が同大会に挑む芸人の姿に重なることから「泣ける」「かっこよすぎる」と話題となっている。

Creepy Nutsは、「『板の上の魔物』を、 M−1さんにまさかこんな形で使っていただけるとは思ってもみなかったので、驚きと嬉しさでいっぱいです! 一視聴者として、今大会もすごく楽しみに拝見します!」と、喜びをコメントしている。

放送は12月20日・18時34分から。敗者復活戦も同日、ABCテレビほか全国ネットで14時55分から生放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本