8人合計で198kgの減量に成功、ゆりやんやゆいPが裏話

2020.12.12 19:15

(左から)37kg減量したゆりやんレトリィバァ、8kg減量した五十嵐サキ(写真提供:MBS)

(写真4枚)

まだまだ知らない世界の人たちが登場し「実際はどうなのか?」を聞いていく、『痛快!明石家電視台』(MBS)の人気コーナー。12月14日の放送回は「実際どうなん!?ダイエット美人」として、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァや、おかずクラブら8人がスタジオに登場する。

太っていた当時のパネルを携えながらスタジオに登場した8人は、合計で198kgの減量に成功したダイエットの達人たち。

36kg減量したおかずクラブのゆいPは「3食ウーバーイーツ」の食生活が、最高体重121kgにまで激太りした原因だと打ち明ける。デリバリーで過ごした休日の3食の一例を写真で公開。メガサイズの朝マックから始まる食事量にスタジオでは驚きの声があがる。

続いて、37kg減量したゆりやんは、かつての新幹線での移動中の食事例を紹介。3食以外に、おにぎり4個、からあげパック、スイーツを買い込む習慣だったゆりやんが、体を鍛えて割れた腹筋をスタジオで披露する。

ほかにも、8kg減量したよしもと新喜劇の五十嵐サキは、「1日8食」という朝8時から深夜24時までの仰天食生活をフリップで紹介。食習慣をあらためる様子のない五十嵐にさんまは「お前は痩せる気ないんか?」と苦笑いする。この模様は12月14日・23時56分から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本