『鬼滅の刃』完結巻発売、キャラ15人が全国紙5紙の朝刊に

2020.12.4 00:05

読売新聞掲載の竈門炭治郎(左)、著者の吾峠呼世晴からのメッセージ (C)吾峠呼世晴/集英社

(写真5枚)

大ヒット漫画『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)のコミックス最終巻となる第23巻が12月4日に発売。コミックス累計発行部数 1 億冊突破記念とあわせ、4日の全国紙5紙の朝刊に、「1億冊感謝記念広告」が4面にわたって掲載される。

3日には全国紙5紙の夕刊に「完結記念全面広告」が掲載され、売り切れる店舗も出るなど話題に。今回はコミックス1〜23巻で累計発行部数1億2000万冊以上(電子版含む)を突破したことを記念し、企画された。

広告は「想いは不滅」をキーワードに、夕刊版から連なる仕掛けを含んだ内容となっており、そこで取り上げた鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の名言「永遠というのは人の想いだ 人の想い こそが永遠であり 不滅なんだよ」に端を発し、朝刊にはその想いを継いで戦った炭治郎をはじめとする鬼殺隊の主要キャラクター15人が5紙に登場。

1人1面ずつ清々しい空と藤の花に彩られて、各紙3人ずつ現れるという。また、すべての新聞に 著者から読者へのメッセージを1面で載せており、連載を応援し、支えてくれた読者への感謝を届ける、総4面展開の広告となっている。

掲載キャラクターは、読売新聞(竈門炭治郎・栗花落カナヲ・悲鳴嶼行冥)、朝日新聞(我妻善逸・竈門禰豆子・時透無一郎)、毎日新聞(冨岡義勇・胡蝶しのぶ・宇髄天元)、産経新聞(嘴平伊之助・不死川玄弥・不死川実弥)、日本経済新聞(煉獄杏寿郎・甘露寺蜜璃・伊黒小芭内)。

それぞれのキャラクターにファンがいるため、全5紙を購入する人も続出しそうだ。新聞販売店、駅売店、コンビニエンスストアなどで販売され、4日・11時には特設サイトも公開される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本